つうか たぶん その吉川市って吉川氏からきてんだろ??


つうか たぶん その吉川市って吉川氏からきてんだろ??

あと吉川氏の家紋 三だな 三河の三か??

あと その静岡の清水区って あたし なんか引っ張られるんだよな

そこの地名??

地理??

いや あの人だ 名前忘れた 由井氏だ。ここではっきり書くと由井氏は平家。

桓武平氏ではない。

平家とあたしんとこ 南朝の血筋は においや行動でわかる。

そして桓武平氏の連中も、自分と同じにおいする人を かぎわけてるよ。

あたしはそれを あの連中のほうが はるかにうちらの事を調べあげて知っている

とさいさん指摘した。知らないでやられてたのはうちのサイドのほう。

張氏・諸葛孔明か??  軍師な軍師

その前に大事な事を書く。まずは平家と桓武平氏が別ものなのを理解する事から

はじめないとダメ。あと坂東平氏は平家のほう。

ほんでそのメンバーの一部はこの前調べてて出てきた 確か群馬と栃木の境あたり

落ち武者流れた方面と、あと小田原城もだったか??

歴史のなんだったかを教えてやる。

東坂平氏は平家のほう。だから派閥は 平清盛とか平将門とかのほう。

だから 南総 下総のほうの平家とも一緒。

桓武とは 本当に別ものだったんだよ 平家は。あれだ あと徳川家康近辺も

坂東平氏だな たぶん。それってな、源頼義 源義仲と同じ信仰なんだよ。

つまり うちの系統。

生涯[編集]

出自については諸説あり、『慶安太平記』によれば慶長10年(1605年)、駿河国由比(現在の静岡県静岡市清水区由比)において紺屋吉岡治右衛門の子として生まれたという。江戸幕府の公式文書では、駿府宮ケ崎の岡村弥右衛門の子としている。『姓氏』(丹羽基二著、樋口清之監修)には、坂東平氏三浦氏庶家とある。出身地については駿府宮ケ崎町との説もある。

17歳で江戸の親類のもとに奉公へ出た。楠木正成の子孫を称する楠木正虎の子である軍学者楠木正辰(楠木不伝)の弟子となり、才をみこまれてその娘と結婚し婿養子となった。
「楠木正雪」あるいは楠木氏の本姓の伊予橘氏越智姓)から「由井民部之助橘正雪」(ゆいかきべのすけたちばなのしょうせつ/まさゆき)と名のり、神田連雀町の長屋において楠木正辰の南木流を継承した軍学塾「張孔堂」を開いた。塾名は、中国の名軍師と言われる子房諸葛に由来している。道場は評判となり一時は3000人もの門下生を抱え、その中には諸大名の家臣や旗本も多く含まれていた。



ja.wikipedia.org/wiki/吉川氏 - キャッシュ
概要[編集]. 吉川の名乗りは駿河国入江荘吉川(現在静岡市清水区)の地名に基づく もので、入江景義の子であった経義が在所名を取って初代吉川氏となった。初期での 表記は一定せず、吉川以外に「吉河」「吉香」とも書かれている。 鎌倉時代になると、...

ja.wikipedia.org/wiki/吉川氏 - キャッシュ
経光の子らが安芸吉川氏(宗家)、石見吉川氏、播磨吉川氏駿河吉川氏、境氏吉川氏 に分かれた。 ... その子・経兼は、南北朝の騒乱において母方の実家である三隅氏との 関係から経兼は宗家の吉川経盛には従わず、子の経見と共に南朝方に味方した。