白梅便り


菅公の季節



菅原 道眞は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。官位は従二位・右大臣。贈正一位太政大臣。 忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇った。Wikipedia


東風が吹いたら、その香りを立ててくれ


主をなくしても、春は忘れん



主をなくしても、その栄華は忘れないからっていう

菅公の心


菅公な。お帰り遊ばしてるから、安心しろ。

菅公の主は八幡だ。あたしが直々迎えに行って連れてきた。


菅公のじいちゃんが三好のとこに鶴を呼んだらしい。。。


菅原 古人(すがわら の ふるひと、天平勝宝2年(750年) - 弘仁10年1月10日819年2月8日))は、奈良時代から平安時代にかけての貴族氏姓は土師宿禰、のち菅原宿禰、菅原朝臣阿波土師宇庭の子。官位従五位下遠江秋篠安人を弟とする説もある。


oshiete.goo.ne.jp > 教えて!goo > 学問・教育 > 文学 - キャッシュ
こちふかばにほひおこせよの花あるじなしとて春をわするな」(菅原道真 拾遺和歌集)「 東風(こち)吹かば匂ひおこせよの花 主(あるじ)なしとて春な忘れそ」... - 文学 解決済 | 教えて!goo.