海神神社と海神神社


古代夏代人が文明を持ち歩きしたコースが想定できるので書く

夏 (三代)

(か、紀元前2070年頃 - 紀元前1600年頃 [紀元前2000年頃からとする説もある])は、中国史書に記された最古の王朝夏后ともいう。夏・三代という。『史記』『竹書紀年』などの史書には初代のから末代のまで14世17代、471年間続いたと記録されている。に滅ぼされた。従来、伝説とされてきたが、近年、考古学資料の発掘により実在の可能性もある。
二里頭遺跡新石器時代の遺跡で、掘り出された住居の跡から人口2万人以上と推定される。当時としては世界有数の大規模集落。トルコ石で表現された銅爵(どうしゃく)、宮殿区、龍の文様の入った玉璋(ぎょくしょう)が発掘されている。
「宮殿区」の南門近くにある「一号宮殿」は、回廊に囲まれ、内部に広い空間「中庭」、正面に「正殿(せいでん)」を配する構造となっている。この構造は、後の中国歴代王朝の宮殿構造に近く、歴代王朝ではここで宮廷儀礼を行っていることから、宮廷儀礼もここから始まったとも考えられる。
ヒスイの龍は、二里頭文化以前に栄えた遼河流域の興隆窪文化紅山文化でも発掘されており、遼河流域の文化の影響が及んでいることが示唆される。龍は歴代王朝は王の権威の象徴として用いられていること、歴代王朝の宮殿と類似する宮殿跡などから、二里頭文化が歴代王朝に影響を与えた文化だと考えられ、二里頭文化こそ夏王朝だとする学者も多い。
また、二里頭遺跡周辺の当時の土壌に残る種子の分析から、(あわ)、キビ小麦大豆水稲、の5種類の穀物を栽培していた痕跡がある。これにより、気候によらず安定した食料供給が可能となったと考えられる。これが、それまでに衰退した他の中国の新石器時代に起こった各文化との違いであり、その後の(殷)とも推定される二里岡文化へと繋がる中国文化の源流となったとも言われる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F_(%E4%B8%89%E4%BB%A3)#.E4.BA.8C.E9.87.8C.E9.A0.AD.E9.81.BA.E8.B7.A1

仰韶文化

仰韶文化(ぎょうしょうぶんか、ヤンシャオぶんか、Yangshao culture、漢語ピンインYǎngsháo wénhuà)は、中国黄河中流全域に存在した新石器時代の文化である。仰韶文化の年代は紀元前5000年から紀元前3000年あたりである。この文化の名称は初めて出土した代表的な村である仰韶にちなんで付けられた。仰韶村遺跡は1921年河南省澠池県仰韶村で発見された。この文化が主に栄えた地域は、河南省陝西省および山西省である。
仰韶の人々の自給自足生活はさまざまである。彼らは広くを耕作していた。を耕作していた村もあった。仰韶農業の正確な性質 -- 小規模な焼畑農業か永続的な農地での集約農業か、は現在議論の余地がある。しかしながら、Jiangzhiのような中期の仰韶集落には、余剰の穀物を格納するために使われた可能性のある高床式建築があった。彼らは、そのほか山羊、およびのような動物を飼っていたが、それらの肉の大部分は狩猟や漁業で得ていた。彼らの石器は研磨されており、非常に専門化されていた。仰韶の人々は原始的な形態の養蚕も実践していた可能性がある。
仰韶文化は彩陶で有名である。仰韶の職人は美しい白、赤、および黒の彩陶で人面、動物、および幾何学模様を作成した。後世の龍山文化と異なり、仰韶文化は土器の作成にろくろを使わなかった。発掘調査により、子供達が彩文土器のかめに埋葬されていたことが判明した。

紅山文化

紅山文化(こうさんぶんか、拼音Hóngshān Wénhuà)は中華人民共和国河北省北部から内モンゴル自治区東南部、遼寧省西部に紀元前4700年頃-紀元前2900年[1])に存在した新石器時代の文化。
万里の長城より北方、燕山山脈の北から遼河支流の西遼河上流付近にかけて広がり、農業を主とした文化で、などをかたどったヒスイなどの玉から、現在の中国につながる文化や宗教の存在の可能性が考えられている。

石器および陶器[編集]

紅山文化の主な遺跡は西遼河上流の支流、潢水および土河の流域に広がっている。その年代は現在から5000年以上さかのぼり、南の黄河流域の仰韶文化の中期および晩期に相当する。発見された石器打製石器磨製石器細石器などであり、そのほとんどは農具で、石耜・石犁・石鋤などのすき類が多い。
紅山文化の陶器は、泥質紅陶および夾沙灰陶の2種類に分けられる。泥で作り筆で絵付けした彩陶(彩文土器)は煮炊きや食事などに使われ、紋様が刻まれた夾沙灰陶は食事の盛り付けなどに使われた。そのほかの陶器では、妊婦をかたどった胸像が各地から出土している。紅山文化では仰韶文化のような彩陶文化は発達しなかったが、龍山文化の黒陶の洗練された造形には近いものがある。また後期の遺跡からは青銅の環も発見されている[2]

遼河文明

遼河文明(りょうがぶんめい)とは、満州南部、中国東北遼河流域で起こった中国の古代文明の一つ。紀元前6200年ごろから存在したと考えられている。

文化[編集]

大規模な竪穴式住居が出土しており、特に遼寧省凌源市から建平県で発見された紅山文化の遺跡の一つ牛河梁遺跡は広範囲にわたって墳墓祭壇などの神殿が発見され、先史時代の「」があったのではないかと考えられている[1]。紅山文化の遺跡からは風水の原型と見られるものも出土している。興隆窪文化の遺跡からは中国最古のを刻んだヒスイなどの玉製品が発見されている。また最古の遼寧式銅剣(琵琶形銅剣)や櫛目文土器などが出土している。

news.finance.yahoo.co.jp/.../20160210-00045987-jbpress-col... - キャッシュ
2016年2月10日 - ただ「営口市は困っているのかもしれない」との印象をふと漏らした。それは昨今、市長 が度々替わるからだそうだ。 次の写真(2)は営口市の中心部にある海神を祭った神社 である。営口は黄海に面した漁村であったために、このような神社が ...



港が現在の営口市 そこから対馬隠岐方面へ それが夏代の移動

夏代は滅ぼされたというより、殷から逃げてまわったと過去書いている。

そして殷にたいがい、乗っ取られている。

海神神社のとこまで移動して海を渡ってた人たちが古代中国の一部の人というのは

間違いなく、その一部がすべて夏代ではない!

古代ゾロアスターのペルシア系は特に祭殿を必要としておらず、かたやユダヤ民は

祭壇を作ってきている。

大昔から宗教と学問は対立している。

登封市

伝説では夏王朝が陽城(現在の登封市告成鎮とされる)に都を築いたとされ、禹都陽城の別称がある。前漢の第7代皇帝・武帝は嵩山に遊び、この時に崇高県が正式に設立された。
代に嵩山の南にあることから嵩陽県と改称した。代、自ら皇帝に即位し国号を周と変えた武則天696年に嵩山に登り、この山を中嶽に封じて嵩陽県を登封県に、陽城県を告成県に改称させた。代に登封、告成の両県は合併させられ登封県となった。