そしたら、もっとビックな事を書くと、そこらじゅうでコンセプトに使ってる「ものづくり」っていうのはあたしから出たものだ。

それを311後にあたしは自信もって書いてた。

物づくりしてきたんじゃねーのかって。

それをな 不安だったから、他所のサイトを見てみた。

経済紙のとこだったけど、完璧に物づくり時代は終わったと書かれていた。

経済評論家が、あたしの考えを否定する作文出してたんだ。

つまりあたしは当時の大学卒業者であろう経済評論家とタイマンはってたんだ。

そして今や 物づくりという単語があふれかえってる。

これは、あたしが経済評論家に勝っていたことを証明するものだ。

あたしは長らく大学卒業者とタイマンでかなりの勝率を出してきている。

そのうちの幾分かは、ヤフーによって消されてきた。

消されてきても書けるぐらい、自分のやってきたことは書けるって事だ。