鉱石調べてるって書いてたから出た話題?レニウム


ぷーちん これいるわ とりあえず 択捉島


これ 情報不足かな

使途

レニウムrhenium [ˈriːniəm])は原子番号75の元素元素記号は Reマンガン族元素の一つで、銀白色の金属遷移金属)。

概要[編集]

レアメタルの一種、地殻中の存在量は 1ppb程度[2]比重は21.0、融点は3100 °C沸点は5800 °C(融点、沸点とも異なる実験値あり)。常温、常圧で安定な結晶構造は、六方最密充填構造(HCP)。フッ化水素酸塩酸には不溶。酸化力のある酸(硝酸熱濃硫酸)には溶ける。過酸化水素臭素水にも溶ける。原子価は+2価〜+7価。単体では最も硬い金属である。

生産[編集]

有用な金属であるが、レアメタルの文字どおり特に希少であり、年間の生産量は極めて僅かである(2012年推定生産量:52.6トン[5])。モリブデナイトの他、希土類鉱物、コロンバイトタンタライト硫化銅鉱などの鉱石や、銅の精錬で発生する残渣中に微量含まれているのをイオン交換樹脂で吸着分離して得る。2011年の生産量は、44.5トン[2]
主な生産国はチリで、世界の半分以上を生産する。他にアメリカ合衆国ポーランドウズベキスタンカザフスタンロシアなどで生産されている[5]ペルーカナダでも生産が行われていた。
1946年以降ロシアによって実効支配されている択捉島では、ほぼ純粋な硫化レニウム(IV) (ReS2) の組成を持つレニウム鉱 (Rheniite) が発見されている。択捉島では火山の噴出ガスから回収されて生産されている。
日本国内では、住友金属鉱山東芝マテリアルが金属粉や合金などの加工を行っている。

リサイクル[編集]

ジェットエンジンのタービンブレードには 3-6mass% を含有する為、貴重な資源である。従って、使用済みタービンブレードやタービンブレード製造工程中で発生するスクラップから回収して循環利用されている[2][6][7]



asait.world.coocan.jp/kuiper_belt/section4I/cast.htm - キャッシュ
2018年11月21日 - 鋳鉄の大半の成分は「鉄 - 炭素システム」の共晶点 (eutectic point) の近くにあるため、 融点は相互に密接に関係し、1150°C から 1200°C であり、 純粋な鉄の融点よりは 300°C 低い。 鋳鉄はマリーアブル (槌で成形可能、malleable) な ...

強度というより溶解温度 3100 5800度

これ コアキャッチャーに使いたい

フランスで作ってるコアキャッチャーは何ミリなんだ 厚さ

一応 フクイチだけじゃねーから やってた事は。

フランスでも知ってるだろ あたしが日立にコアキャッチャー付けるのを
条件にしてたんだから イギリス原発

頓挫したけどな。
今 思いつく強度 溶解温度 これだろってモノは思いつかない
温度に耐性高いようだから 高温系のもの?
ものによっては強度も必要

ロシアの要塞原発は これ かなり使ったんじゃないのか?

加工するに その温度は出るモノ使わんと駄目だし加工技術あんのかと。。

研究材料にはいいな 住友金属東芝マテリアル